Category: レポート


真面目に月面でアートなワークショップ

12月 11th, 2010 — 11:51pm

今日は「月面でどんなアートを実現する?」という壮大なテーマのアイデア出しワークショップに参加してきました。

http://www.feslab.net/event/occur2010_2.html

[workshop]When Planets Meet
Googleのプロジェクトで月面探査機を開発しているWhite Label Space Japan, LLCの東北大学研究チームのNathan Britton研究員も加わって、「月で実現したいアート」を参加者とともに考えるワークショップ。
・日時:12月11日(土)13時?16時
・出演:スプツニ子(Sputniko!)、Nathan Britton(White Label Space Japan, LLC、東北大学大学院工学研究科)

http://whitelabelspacejapanoffice.blogspot.com/

Googleのプロジェクトで,民間資金による月面探査の競争が行われている。

whitelabelspacejapan.png
賞金総額 $3000万(約27億円)という巨額のコンペで, 月面でのある条件を達成すればもらえるのだという。

その条件とは,

  • 月面でロボットを500m移動させること
  • その様子をHD映像で地球に送信すること
  • 90%以上を民間資本で行うこと
  • これらを2015年までに実現すること

となっています。

http://www.googlelunarxprize.org/lunar/about-the-prize

About the Google Lunar X PRIZE
The Google Lunar X PRIZE is a $30 million international competition to safely land a robot on the surface of the Moon, travel 500 meters over the lunar surface, and send images and data back to the Earth. Teams must be at least 90% privately funded and must be registered to compete by December 31, 2010. The first team to land on the Moon and complete the mission objectives will be awarded $20 million; the full first prize is available until December 31, 2012. After that date, the first prize will drop to $15 million. The second team to do so will be awarded $5 million. Another $5 million will be awarded in bonus prizes. The final deadline for winning the prize is December 31, 2014.

その日本からのエントリーチームである,White Label Space Japanの方たちとスプツニ子さんによる進行でアイデアワークショップが開催されました。

Nathan Britton研究員らからのプロジェクト説明の後,スプツニ子さんの巧みな盛り上げで参加者の気持ちが和むなか,そこでアートが実現できるならば,どんなことができるかという壮大なテーマでアイデア出し開始。

P1030540.JPG
photo by193

photo by kakky

月面という途方もなく現実離れした,でもそれを実現しようと真面目にチャレンジしている人たちといろんなアイデア出しをできたことは貴重な体験でした。
固定観念を取り払うのがこんなに大変だとは!
SFをリアルに考える時が来ようとは,ここに来るまで全く想定外でした(笑)
砂を巻き上げてああするアイデア,光をああするアイデア,地球とあんなことするアイデア,ある素材を真空下でああするアイデアなどいろいろ出てきました。
いやはやスケールでかい。
とても良い体験でした。

このイベントは,occur2010 のイベントとして開催されました。
この月面のワークショップは今日一日限りですので,もうありませんが,期間中,様々な展示やトークがありますので足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

Comment » | デザイン, レポート, 科学, 日々

Cultivation#03受講

8月 29th, 2010 — 1:10am

logueが主催するワークショップ「cultivation」の第三回目の講座,「技術習得のためのワークショップ Cultivation 03 Processing+Arduino+電球」に参加しました。
logue

2日間構成で,初日の1日目が終わりました。
Arduinoなどの詳しい紹介は詳しいサイトにお任せするとして,仙台で開催されたにもかかわらず,受講者10名の内,半分が県外からの方。覚えてた限り大阪方面から3名,東京からも数名という感じ。
自腹で大阪から交通費と受講費を払って来たとの方も。全国的にほとんど例のないセミナーで,感度の高い人を仙台に招くだけのポテンシャルのあるセミナーです。
「電球を明滅する」というと,単純そうですが,その原理は広く応用が利きそうです。
しかも,ArduinoやDMXという汎用性の高いパーツであり,それに親しむだけでもわくわくします。
構成要素の1つ1つを挙げれば,別な手段で実現可能かもしれません。しかし,トータルで考えた場合の敷居の低さと応用性が高さがありそうと感じました。(電子工作はしないので,書籍などで読む限りですが)

IMGP6581
初め,こんなだった部品が,

 IMGP6584 
講師の久世祥三さんご指導の元,半田ごてと格闘しながら組み上げていきます。

IMGP6586
そろそろできそうです。

IMGP6587
講師と受講者たち。

IMGP6589
皆さんMacです。10名中,7?8名がMacです。
USB経由でプログラムを転送します。

明滅制御の様子を動画で。Macから制御しています。
プログラムを書いてコンパイル・転送するだけで簡単に制御できます。

先生に手直しをしてもらいながらも,無事,明滅までできました。

応用範囲が広がりそうな予感。
明日は,プログラミングの方を重点的にするとのこと。楽しみ。

Comment » | Mac, コンピュータ, システム, デザイン, レポート, 日々

iMacを導入して設定したこと(2)

4月 10th, 2010 — 11:35pm
  • 無線LANによるUSB機器の無線化
    結果から言うと,これは断念。iMacの良さに,背後から出るケーブルがきわめて少なくなることがある。今回iMacを選んだ大きな要素がこれだった。
    そこで,徹底的にケーブルをなくすべく,ロジテックのLAN-W300N/DRを導入してUSB機器の無線化を目指した。USB機器が途中で止まってしまうのと,時々うまくいってもやはり無線越しの接続ではTimeMachineによるバックアップに時間がかかるため,USBケーブルを1本だけ背後からのばすこととした。

    ケーブルの這わせには,ケーブルモールを使用。すごくすっきり。
    100円ショップで売っていたのが,ゴムで包み込むタイプなので,作業が楽できれいになる。(ラベル捨ててしまったので品名失念)
    100円だから買うのではなくて,この性能がいいから100円ショップで買う!というタイプの商品。

  • TimeMachineによるバックアップ設定
    TimeMachineSchedulerによるバックアップ時間を10時間毎に設定。かつ, 使いそうな時間帯にはバックアップが走らないよう設定。 

    TimeMachineScheduler  

  • TinkerToolで細かな設定。
    スクリーンショットの保存場所やフォーマットの変更(PNG→JPG)。
    TinkerTool
  • システムフォントを変更
    標準のヒラギノからAXISフォントに変更。
    AXISフォントは雑誌AXISのために開発されたとても美しいフォント。
    試用版がほぼ制限なく使用できるので使用する。とはいえ,システムフォントの変更は結構チャレンジング。しばらく使ってみる。 
    axisfont   
  • WindowsおよびMacでGoogleChromeのインストール
    (WindowsはChromePlus)
    両方の環境でブックマークも自動同期し,テーマも同じくし,プラグインも同じものをインストール。そのため,どちらのOSで使っているかわからなくなるが,それはそれでよし。気づいたときにさっとブラウザが使えれば良し。
  • AdobeCS4のインストール
    Parallelsを入れてまで,Windowsを入れるのにこだわった理由の1つが,これ。現在持っているライセンスがWindows版のCS4なので,Windows環境にインストール。
    Parallels上のWindowsでも快適に動く。すばらしい。
    仮想化はいろいろな意味で便利な面がある。トレードオフも多いのだけれど。サスペンドとか便利。
  • Windows側の諸設定。
    WinSCP,圧縮解凍ソフトなどのインストール
  • キーボードの取り替え
    これはかなり迷った。iMac 標準添付のアルミニウムキーボードをしばらく使ってはみたものの,キー配置やタッチなどになじめずMicrosoft Wireless Keyboard 3000(v2)に取替え。
    クリックで画像拡大
    マウスもセットになった,Wireless Desktop 3000もあるけれど,別なマウスが使いたかったのでキーボードだけのを選択。
    Microsoftのキーボード類は,使いやすいのもいいのだけども,Macも使うという観点からしても,標準でMacとWindows向けのドライバが付いてきていいのです。きちんとMacのアプリの設定ツールが用意されていて,キーボードの特有の機能をMacでも使えるのです。キー配列はWindowsだけど,カスタマイズがいろいろできるので,Macナイズにもできます。
    値段もお手ごろ。実売価格3000円です。
  • iWorkのインストール
    プレゼンをする機会が何かとあるので,いつも使っているKeynoteのために,iWork’09をインストール。ファミリーパックなので,MacBookにもインストール。Macを使いたい理由の1つが実はこれ。

以前から,MacBookでParallelsを用いて,MacとWindowsの融合を図っていてある程度のノウハウがあったのですが,今回は,さらに,iMacでキーボードなどのハードウェアのカスタマイズの幅が広がりました。MacとWindowsのいいとこ取りをしているような感じです。バックアップの手軽さはMacで,Windowsで慣れているアプリはWindowsで,といった感じです。Macの「書類」フォルダと,同居しているWindows側の「ライブラリ/ドキュメント」フォルダも共有しているので,ほとんどの作業がシームレスに行える環境ができつつあります。
ファイルの処理に関して,Macのアプリで開くほうがいい場合,またWindowsで,またはShellで,と場面に応じていろいろな使い分けができます。

とはいえ,設定にかかる時間と予算はちょっと想定を超えた感じがあるので,備忘録的に記しました。

Comment » | Mac, コンピュータ, システム, レポート

効率良い情報収集・管理・発信のためのBecky!Tips

1月 11th, 2008 — 7:30am

情報過多の時代に,いかに自分に必要な情報を収集し,適切に管理し,発信していくかが大事だろうと思う。
そこで,自分が使用しているメールクライアントであるBecky! Internet Mailで,普段から実践しているTipsを紹介する。

1.スパムフィルタを使う

使っているスパムフィルタリングソフトは,深海魚フィルタforBecky!。ベイジアン理論と独自アルゴリズムで軽快かつ適切なフィルタリングを行ってくれる。
ツールバーに手動による判定ボタンを表示でき,誤判定されたメールのスパム/非スパムの設定が容易。手軽にこれを行っていくとどんどん精度が高まる。
use_sinkaigyofilter.gif
ツールバーの判定ボタン(○が非スパム判定,×がスパム判定)

Continue reading »

Comment » | コンピュータ, レポート

Parallels Desktop for MacにgOSをインストール

11月 10th, 2007 — 1:48am

Parallels Desktop for MacにgOSをインストールした。
Continue reading »

2 comments » | Mac, システム, レポート

21_21 DESIGN SIGHT

6月 25th, 2007 — 1:47am

21_21六本木の東京ミッドタウン内21_21で開催されている深澤直人プロデュース「チョコレート」展を見る。先日のNHKで三宅一生さんの番組があり,21_21とチョコレート展のワークショップの様子が紹介されていたので,より深く楽しむことができた。
チョコレートという素材,重み,社会的背景をここまでデザインできるものなのだなあと,ただ感心。
チョコレートだけに,「うまい!」と言ったところか。(失礼)

Comment » | デザイン, レポート

IKEAに行ってきた

6月 25th, 2007 — 1:18am

IKEA知っている人も多いと思うが,IKEAは,スウェーデンに本社を置くインテリア,家具,を全般に取り扱う大型ショップだ。行きたい行きたいと思っていたが,先日やっと船橋店に行くことができた。
多くの人が客観的スペックについては触れていると思うので,あえて主観的に感想を書こうと思う。

エリア構成は,(1)見る,(2)買う,(3)倉庫,(4)食う

とにかく広い。ショッピングバッグも用意されているが,まずは2Fで見る。ひたすら見るに徹したほうがいい。でないと,ひたすら長い距離を買う物を持って移動することになる。

デザインが優れているにも関わらず,価格が安い。・・・でも,あまり多くの物を見ていると,目が慣れてくるというか,いいデザインの物であっても,いいと思えなくなってくる時がある。あまりの物量に食傷気味になる時がある。いい物でも,さすがに,おなかいっぱい感になってしまう。ということを前もって心しておくとよいかもしれない。
食事のためだけにIKEAに行ってもいいだろう。とにかく安いのだ。皿盛りの料理もあるが,ファーストフードに関してはマクドナルドとかより安い。
はじめに,腹ごしらえしてから,店全体を見てもいいかもしれない。

電車で行ったけど,車で行ったほうが絶対楽しめる。だって,家具,買えない。しかも,配送料金が高い。
IKEAの基本コンセプトなんだろうけど,「モノ自体は,徹底的に安くいいものを提供します。しかし,それ以外のサービスは,無しか高い。」というのが強く出ている。
帰りに,電車で梱包した家具を運んでいる人を見たけど,大変そうだったなあ。

ショッピングシステムが,特殊そうだったので,レジの後ろで,人の動きをしばらく観察してました。
基本的にレジもほとんどセルフサービス。店員にはお金渡す程度。買った物の移動などで,まごまごすると,後ろの人の迷惑になる。でも,いいなあこういうスタイル。

今回は,様子見程度だったので,フォトフレームやら家庭用品やらいろいろ厳選して買って,1000円くらい。
驚きの安さ。

かなりはまる店だ。デザイン的にも参考になる。この値段でこのデザインの製品があるとは,いい刺激にもなる。

Comment » | デザイン, レポート

NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。いいドラマだった。

3月 24th, 2007 — 11:02pm

NHKの土曜ドラマ「ハゲタカ」が終わった。企業買収やそれに関わる人々の人間ドラマを上手に描いた好作だった。見たのは最後の2回だけだったのだけれど,昨今世の中で話題になっているTOB(株式公開買付)やホワイトナイトとはこういうことか,認識を深めることができ,それらの報道の背後にあるであろう人間関係や心理の動きがよくわかった。昨今の企業買収劇は報道で伝えられることを表面的に知るだけだったけれど,それをとりまく周囲には,生きるか死ぬかのドラマがあって,文字面の世界ではなくて,人間の生活があることが迫力ある演出で伝わってきた。
登場する組織や人物の名前も,ありがちな設定で,わかりやすかった。あえて言えば,ベタな設定と演出なのだが,人間模様のドラマとしてだけでなく,経済のことを学ぶことのできるドラマなので,そのほうが関係性がわかりやすく,むしろ良かった。
ドキュメンタリーではなく,バラエティーでもなく,その中間のようなポジションにあるこのドラマのようなジャンルは面白い。ニュースの裏側をより深く知ることができる。
続編があるといいなあと思う。

Comment » | レポート, 日々, 発見系

Bフレッツになった

12月 10th, 2005 — 1:10am

ついに我が家もBフレッツになった。
下り21Mbps,上り17Mbpsくらい出ている。
快適快適。しかも安くなった。
今まで使っていたルータが固まりやすくなったのがちょっと困るけど。
ファームも最新版入れたのになあ。

いつも新しい回線サービスが出るときに思う。
「速いなあ。でもこれ以上速くなることは無いだろうな。もう技術の限界だよ。きっと。」
と思っていても1,2年するともっと速いサービスが登場する。

でも・・・今回はさすがに光だ。光より速くなることは無いだろう。
回線を束ねるとかデータを圧縮したりして,速くするんだろうな。
でもやっぱり早くなるに違いない。
さて,次はどんな技術で速くなるのかな。

3 comments » | レポート

オープンソースと地域コミュニティのセミナー受講

11月 12th, 2005 — 10:38pm

学校の板ばさみの現状が聞けた。
Continue reading »

Comment » | レポート

Back to top