Category: Mac


Cultivation#03受講

8月 29th, 2010 — 1:10am

logueが主催するワークショップ「cultivation」の第三回目の講座,「技術習得のためのワークショップ Cultivation 03 Processing+Arduino+電球」に参加しました。
logue

2日間構成で,初日の1日目が終わりました。
Arduinoなどの詳しい紹介は詳しいサイトにお任せするとして,仙台で開催されたにもかかわらず,受講者10名の内,半分が県外からの方。覚えてた限り大阪方面から3名,東京からも数名という感じ。
自腹で大阪から交通費と受講費を払って来たとの方も。全国的にほとんど例のないセミナーで,感度の高い人を仙台に招くだけのポテンシャルのあるセミナーです。
「電球を明滅する」というと,単純そうですが,その原理は広く応用が利きそうです。
しかも,ArduinoやDMXという汎用性の高いパーツであり,それに親しむだけでもわくわくします。
構成要素の1つ1つを挙げれば,別な手段で実現可能かもしれません。しかし,トータルで考えた場合の敷居の低さと応用性が高さがありそうと感じました。(電子工作はしないので,書籍などで読む限りですが)

IMGP6581
初め,こんなだった部品が,

 IMGP6584 
講師の久世祥三さんご指導の元,半田ごてと格闘しながら組み上げていきます。

IMGP6586
そろそろできそうです。

IMGP6587
講師と受講者たち。

IMGP6589
皆さんMacです。10名中,7?8名がMacです。
USB経由でプログラムを転送します。

明滅制御の様子を動画で。Macから制御しています。
プログラムを書いてコンパイル・転送するだけで簡単に制御できます。

先生に手直しをしてもらいながらも,無事,明滅までできました。

応用範囲が広がりそうな予感。
明日は,プログラミングの方を重点的にするとのこと。楽しみ。

Comment » | Mac, コンピュータ, システム, デザイン, レポート, 日々

iMacを導入して設定したこと(2)

4月 10th, 2010 — 11:35pm
  • 無線LANによるUSB機器の無線化
    結果から言うと,これは断念。iMacの良さに,背後から出るケーブルがきわめて少なくなることがある。今回iMacを選んだ大きな要素がこれだった。
    そこで,徹底的にケーブルをなくすべく,ロジテックのLAN-W300N/DRを導入してUSB機器の無線化を目指した。USB機器が途中で止まってしまうのと,時々うまくいってもやはり無線越しの接続ではTimeMachineによるバックアップに時間がかかるため,USBケーブルを1本だけ背後からのばすこととした。

    ケーブルの這わせには,ケーブルモールを使用。すごくすっきり。
    100円ショップで売っていたのが,ゴムで包み込むタイプなので,作業が楽できれいになる。(ラベル捨ててしまったので品名失念)
    100円だから買うのではなくて,この性能がいいから100円ショップで買う!というタイプの商品。

  • TimeMachineによるバックアップ設定
    TimeMachineSchedulerによるバックアップ時間を10時間毎に設定。かつ, 使いそうな時間帯にはバックアップが走らないよう設定。 

    TimeMachineScheduler  

  • TinkerToolで細かな設定。
    スクリーンショットの保存場所やフォーマットの変更(PNG→JPG)。
    TinkerTool
  • システムフォントを変更
    標準のヒラギノからAXISフォントに変更。
    AXISフォントは雑誌AXISのために開発されたとても美しいフォント。
    試用版がほぼ制限なく使用できるので使用する。とはいえ,システムフォントの変更は結構チャレンジング。しばらく使ってみる。 
    axisfont   
  • WindowsおよびMacでGoogleChromeのインストール
    (WindowsはChromePlus)
    両方の環境でブックマークも自動同期し,テーマも同じくし,プラグインも同じものをインストール。そのため,どちらのOSで使っているかわからなくなるが,それはそれでよし。気づいたときにさっとブラウザが使えれば良し。
  • AdobeCS4のインストール
    Parallelsを入れてまで,Windowsを入れるのにこだわった理由の1つが,これ。現在持っているライセンスがWindows版のCS4なので,Windows環境にインストール。
    Parallels上のWindowsでも快適に動く。すばらしい。
    仮想化はいろいろな意味で便利な面がある。トレードオフも多いのだけれど。サスペンドとか便利。
  • Windows側の諸設定。
    WinSCP,圧縮解凍ソフトなどのインストール
  • キーボードの取り替え
    これはかなり迷った。iMac 標準添付のアルミニウムキーボードをしばらく使ってはみたものの,キー配置やタッチなどになじめずMicrosoft Wireless Keyboard 3000(v2)に取替え。
    クリックで画像拡大
    マウスもセットになった,Wireless Desktop 3000もあるけれど,別なマウスが使いたかったのでキーボードだけのを選択。
    Microsoftのキーボード類は,使いやすいのもいいのだけども,Macも使うという観点からしても,標準でMacとWindows向けのドライバが付いてきていいのです。きちんとMacのアプリの設定ツールが用意されていて,キーボードの特有の機能をMacでも使えるのです。キー配列はWindowsだけど,カスタマイズがいろいろできるので,Macナイズにもできます。
    値段もお手ごろ。実売価格3000円です。
  • iWorkのインストール
    プレゼンをする機会が何かとあるので,いつも使っているKeynoteのために,iWork’09をインストール。ファミリーパックなので,MacBookにもインストール。Macを使いたい理由の1つが実はこれ。

以前から,MacBookでParallelsを用いて,MacとWindowsの融合を図っていてある程度のノウハウがあったのですが,今回は,さらに,iMacでキーボードなどのハードウェアのカスタマイズの幅が広がりました。MacとWindowsのいいとこ取りをしているような感じです。バックアップの手軽さはMacで,Windowsで慣れているアプリはWindowsで,といった感じです。Macの「書類」フォルダと,同居しているWindows側の「ライブラリ/ドキュメント」フォルダも共有しているので,ほとんどの作業がシームレスに行える環境ができつつあります。
ファイルの処理に関して,Macのアプリで開くほうがいい場合,またWindowsで,またはShellで,と場面に応じていろいろな使い分けができます。

とはいえ,設定にかかる時間と予算はちょっと想定を超えた感じがあるので,備忘録的に記しました。

Comment » | Mac, コンピュータ, システム, レポート

アカデミックで買うと得するもの

4月 5th, 2009 — 1:34am

ふと思い立って,アカデミックで買うと得するものを列挙してみます。

1.Office 2007 Professional
¥48,200(通常版) – ¥26,433(アカデミック) = ¥21,767(45%) お得【amazon】

2.ATOK 2009 for Windows
アカデミック版 ¥6,657(通常版) – ¥4,610(アカデミック) = ¥2,047(31%) お得
ただし,通常版以外の便利な英語辞書等のセットはアカデミックのラインナップがないので,辞書セットが必要な場合はアカデミック版はおすすめではない。 より正確な日本語を使いたい場合は,ATOKは重宝する。

3.Adobe Illustrator CS4
¥70,435(通常版) – ¥29,526 (アカデミック) = ¥40,909(58%) お得【amazon】

4.Adobe Creative Suite 4 Design Premium
¥308,375(通常版) – ¥129,856 (アカデミック) = ¥178,519(58%) お得【amazon】

5.iMac 24インチ: 2.66GHz
¥158,800 (通常版) – ¥148,800 (アカデミック) = ¥10,000(6%) お得【Appleストア】
さらにiPod同時購入で¥17,800キャッシュバック(2009/5/11まで)

Comment » | LifeHacks, Mac, コンピュータ

クリエイティブ作業に必要な環境

4月 3rd, 2009 — 12:59am

新年度になりました。

新しい場所で,新しい席で,新しいクリエイティブ作業の環境を作る人もいるだろう。

自分へのメモも含めて,汎用性が高く費用対効果の大きい環境作りを列挙してみたい。

1.ScanSnapの購入 ¥50,000弱

名刺の入力,ドキュメントの取り込み&PDF化,OCRが高速で全部できる。コピー取りと名刺の管理をしてくれる秘書がいる感じ。

人とのつながりは極めて貴重。

裁断機(約¥20,000)もあると,書籍の取り込みもばんばんできるので,本棚を買うのと同等の効果がある。PCさえあれば,移動中でも鞄がかさばることなく大量の書籍を持ち運んでいるのと同じことができる。

2.フォントの購入

おすすめはヒラギノ角ゴシックW3W5W7 Windows用TrueType。 3ウェイトセットで¥14,000くらい。コストパフォーマンスが高い。

プレゼンや提出書類での見栄えがダントツに良くなる。フォントなので,自分は何もする必要なく見栄えが上がり,好印象を与える。99か100かでの何かの分かれ目に遭遇した場合,見栄えの良さが大きなチャンスをつかむことはあり得ること。何かに通るか否かは,99か100が,0か100になること。

Windows標準搭載のフォントにきれいに見えるフォントが無くもないが,標準以外のフォントで差異を出すことによって印象に残る効果もある。

3.Wordの差し込み印刷の習得

ルーチンワークをコンピュータにやらせるのは作業効率改善につながる。同一のフォーマットで何度も同じ書類を作るならば,多少の時間はかかっても,差し込み印刷の習得を狙いたい。

全部手動で行った場合の時間が10かかったとして,それに9の時間がかかってもマクロや自動化のための苦労をするのがハッカー(挑戦心あふれるコンピュータ高度技術者)の心構えだが,ハッカーに限らず時間は11だろうが20くらいかかったっていい。2回で元がとれるのだから。その後は単純に利得時間となる。自分の時間単価がまるまる利得になる。

Wordの機能の中でも特に効果の高い処理だと思う。

4.英語の習得

英語はレバレッジが効く。自分ももっともっと英語を学習したい。極めて汎用度が高い。

5.ちょっといいレンズを搭載したデジタルカメラの購入

・リコー GX200(¥35,000くらい)

・シグマ30mm F1.4 EX DC HSMニコンマウント+D40Xとか。旧モデルD40も狙い目。(¥60,000?¥70,000くらい。)

写真は汎用度が高い。Photoshopなどでちょこちょこと直さなくても,撮りようで一発印刷可能な写真が撮れる。時間節約の面からも効果大。もちろん質の良い写真は補正がしやすいし,深みのある写真になる。印象は一瞬が勝負。一瞬で勝負できる素材は強い味方になる。

6.ちょっといいプリンタ用紙の購入

毎日何百枚という量の印刷をするのでなければ,多少値が張っても,なるべく質の良い紙を選びたい。値が張ると言っても,100枚で500円が1500円になるくらいのこと。1枚あたりで換算すると十円程度。頑張って気合いを入れてデザインして原稿を作っても,ぼやけた紙に出てしまっては,印象が格段に落ちる。十円の差が,通るか通らないかの明暗を分けることもあり得る。つまり,自己の作業単価に比して,十円はとても安いと言うこと。そこをけちると,対外的な作業単価が半減しているも同然ということになる。

レーザープリンタでも,たまには光沢紙に出してみよう。印刷屋に出したのと見まがう結果が得られる。

7.健康的な体

スポーツをしよう。不健康による機会逸失や信用損失のダメージは大きい。優先的にスポーツに時間を割いて健康に心がけたい。あと睡眠時間の確保も。

8.歴史の反芻

過去の先人たちの作品,行動,社会背景を知るために書物を読むこと。

ビスマルクの名言「賢者は歴史に学び,愚者は経験に学ぶ」の実践。

1人の経験は人類史上の一握にも満たないものに過ぎない。歴史こそ先人の知恵の集大成であり,新たな挑戦へのバネになる。保守ではいけない。しかし,過去を学ぶことを忘れないようにしたい。

上記の提案は,ある程度の初期費用を要するものがあります。

でもあなたの時間単価は,とても高く,それらの初期費用も1日?数日でトントンになるものばかりかと思います。

自分も実践しているもののうち,ノウハウがいらず比較的短時間で取り組めて,即効果の出るものを多く集めてみました。

新しくチャレンジする人への参考になれば幸いです。

Comment » | LifeHacks, Mac, コンピュータ, デザイン

新たな知的価値が熱い

3月 28th, 2009 — 7:52pm

先進的なデザイナーは,皆さん,口々に言います。
「日本のもの作りはソフト産業へ脱却しなければならない。」
物作りの日本の超大手メーカーの要職の方々もそう言います。
物質価値よりも,それによって使う人がどんな幸せがもたらされるかということを伝える仕掛け作りの方が大事だと言います。
今まで,そう言うことを少しは言ってはいても「やっぱり物の価値の方が大事だよ」と本音では言っていた人が多かったように思います。
しかし,話し方,言い回し,実績,最近は本音でそう言っている事が伝わってきます。
最近,そうしたすばらしい方々の話を全国各地で生で聞く機会に恵まれ,それを感じます。

先日,フランス人のデザイナーであるグエナエル・ニコラさんの講演を聞きました。
クライアントにデザインのプレゼンをする時は,物のプレゼンの時間はすごく短い。それよりも,そのパッケージのプレゼンに大半の時間をかけるとのこと。
パッケージは,ユーザーが物に到達するアプローチであり,そのストーリーがとても大事なのだと言います。
それにきちんとデザインがなされていることで,ユーザーの物に対する感激度は何倍にも高まる,と。

イギリスもデザイン産業全般に大変な力を入れていて,クリエイティブ産業(音楽,アニメなど含む)がGDPの8%を占めるそうです。
すごい数字ですよね。世界初の産業革命の国が,クリエイティブ産業(知的価値産業)の国に切り替わりつつある。
しかも国費でデザイナーを海外派遣している。イギリスの商品を輸出するのではなく,デザイナーを輸出することで,UKデザインが国外に影響力を出していく。
Googleがインターネットの世界でそうしたようなことが,人材派遣という形を変えて起こりつつある,と感じています。
デザインの本質的なところの価値の輸出ですね。

DSC_5647

Googleのサービスが,過去に前例がなかったために比喩のしようがなかったように,UKの戦略もたとえられませんが,デザインの価値輸出→モノ・ヒトのUKの絶対的価値ネットワークの構築ということになると思います。
産業革命の国が,知的価値の輸出で,再び世界の物の価値の基準塗り替えをしていくような気がします。

第二のGoogleを狙えというのは二番煎じで,土俵を作った人がえらいと思っています。
そういう状態になりつつあるのではないかと感じます。

この間マンチェスターから来た方もすばらしい思いでUKデザインを熱くしていました。
何か,世界中がGoogleとは違うステージで知的な熱気に包まれてきている気がします。
さあ,これに乗るのか背を向けるのか。
自分としては,乗りたい。
こういう分野で価値を作ることがライフワークみたいなものなので。

DSC_5656DSC_5639

Comment » | Mac, Webデザイン, デザイン, 知的生活, 日々

HDDスピードクラッシュ

12月 1st, 2008 — 10:32pm

買って4ヶ月くらいしかたっていないHDDがクラッシュした。

MacBookに内蔵していたやつが。

これで,MacBookを購入して15ヶ月で2度もHDDクラッシュって,頻度高すぎ

1度目は,MacBookを新品で購入して11ヶ月目。保証期間内なので保証で直すことも考えたが,緊急に使う用事があったのと容量UPしたかったので,自腹でHDD購入し,交換。(いたたた)

2度目は15ヶ月目の11月。もう保証期間も過ぎているので自腹で購入。以前買ったときより安く容量も増加した。明日届く予定。

しかし,また環境設定しなおし。

MacBookは,メインマシンではないので,致命的ではないけれど,これにしか入っていないデータも少しあったような気がする。まさかこんなに短期間で壊れるとは思わず,バックアップ体制を作っていないときにそれはやってきた。

MacOSXのSafariとiTunesアップデートをして再起動したら,カツンカツンと嫌な音が・・・・。

それから二度とOSXが起動することはなかったのでした。

Macはスリープからの復帰がとても早いので,いつも電源を切らずにスリープにしているのが機器の消耗を早めるのだろうか。

とりあえずは,1台目,2台目とは別メーカのHDDを購入したので,今度は長持ちすることを願って使おうと思う。(1台目は純正品,2台目も純正品と同じメーカ)

Comment » | Mac, コンピュータ, システム

Parallels Desktop for MacにgOSをインストール

11月 10th, 2007 — 1:48am

Parallels Desktop for MacにgOSをインストールした。
Continue reading »

2 comments » | Mac, システム, レポート

Back to top