Category: 日々


英語のショートプレゼン大会

4月 9th, 2009 — 10:36pm

今度,仲間内で英語でのショートプレゼンテーション大会をすることになった。
スピーチといっても,1人5分程度の短いもの。
しかし,みんなで英語力をお互い高め合っていくことは大事だと思う。
さて,何を話そうかな。不安だけど,楽しみ。

英語をどんどん話して,海外にアピールしていきたいものだ。
気後れする理由が語学であることの無いように。

Comment » | English, 日々

宵の口の定禅寺通とせんだいメディアテーク

4月 9th, 2009 — 10:20pm

宵の口の定禅寺通とせんだいメディアテーク。欅の枝がブルーグレーの空に映える。

定禅寺通

Comment » | photo, 日々

Flickr proアカウントに

4月 9th, 2009 — 10:11pm

flickr_logo最近,写真が増えてきて,ひたすらにHDDの肥やしになっているのももったいなかったので,Flickr proアカウントを購入して,公開するなり,Webサービスや,プリントサービスを利用してみようと考えてみた。
半年くらい前に利用したmooのminicardは大変良かった。
これは,flickrの写真をインポートできるので,便利。
ただし,mooのminicardは100種(100枚)が1セットに対し,flickr free versionには200枚しか写真を登録できない。何セットか作りたいときなどすぐに枚数がオーバーしてしまう。
flickrは写真共有サイトとしての老舗だし,APIや周辺サービスも大変充実している。そして,他のユーザーの写真のクオリティも高いので,いろいろ体験してみようと思い,$24.95/年でpro アカウントを購入。写真のバックアップの意味も含めて。
何か楽しい。このユーザーに与えるわくわく感が,物体ではない商品であるWebサービス提供者の醍醐味なんだろうなあ。

Comment » | Webデザイン, システム, 日々

英語速読キーワード

4月 8th, 2009 — 12:02am

最近,英語の必要性を切に感じるので,英語の再(×n回)学習。
ここのところはボキャブラリを増やしてみようと単語力の強化に取組み中。
でも,単語の意味を丸暗記するのは,受験勉強ならいざ知らず,実用英語ではロスが大きいので,概念でとらえられる英語学習書を探していてたどり着いたのがこれ。
でも,「高1・2?大学入試」と書いてあるけど,まあいいか。

「早わかり英語速読キーワード」
著:宮崎尊
出版社:語学春秋社

読み物としてもおもしろいなあ。
広い範囲で単語の意味をカバーしている。1対1の訳ではなくて,雰囲気で伝えている。
これは,英語のニュアンスが伝わってきておもしろい。
たとえば,dominateって,単語帳で見たら「支配する」なんだろうけど,この本では「わしが主人だ」という説明がされている。何かイメージが浮かぶ。この語の持つイメージが。それに関する解説も軽妙でおもしろい。

と思ったら,この著者の名前を思い出した。
旺文社ラジオ講座に出ていた人だ。この人の講義はおもしろくて良く聞いていたなあと思い出したのだった。

Comment » | English, 日々,

気合いの入れ時。味噌汁で

3月 29th, 2009 — 11:25pm

年度末でいろんな仕事が立て込んでいる。

気合いを入れるため,味噌汁を飲む。

先日の感動的な味噌汁のイベントでいただいた仙台味噌で元気回復。

そのイベントでは,参加した大勢がみんなもらい泣きというすごい状態に。

味噌汁ひとつでここまで人々に感動与えることができるものだと,その中心人物に敬意を表す。

# お互い知らなかったのだが,実はその人は高校の同級生だったことが判明。

Comment » | LifeHacks, 日々

新幹線で振り返る

3月 28th, 2009 — 9:46pm

東海道新幹線から東北新幹線に乗り換え,北上中。

大阪でささやかな賞をいただいてきた。

そして,多くの人との出会い。貴重なお話の数々。

学会という,ある意味,経済的社会とは別な時間軸で動いている世界。

そこで得られる示唆は未来志向であると思う。

はじめは,今回の学会にはあまり期待していなかった。

しかし,実体経済にも通用する貴重な情報が多く得られたこと,貴重な体験を多くさせていただいたことに多くの感謝をしたいと思う。

今後につながる情報が多く得られた。

何年か振りで新幹線でお酒を飲んだ。

貴重な情報のシャワーでうれしかったから。

そして,新幹線を有効に使えるtipsをいただいた友人にも感謝したい。

大勢の方々にありがとう。

Comment » | 日々

新幹線にコンセントがほしい

3月 28th, 2009 — 9:24pm

東北新幹線にコンセントがほしい,と切に思う。追加料金払ってもいい。

今回,東海道新幹線を使って感じた。N700車両の窓側だけとはいえコンセントがあるのは,車内が圧倒的に知的書斎に変わる。(古いのぞみ車両でも先頭の席は全席コンセントが使える)

パソコンのバッテリーが持つとはいえ,コンセントがある安心感は気持ちが集中できる。

あと、E-Mobileを使っていると、バッテリーの減りが早いし・・・。

太陽電池でパソコンの電力がまかなえるかと想像はしてみたが、及びでないらしい。

でも想像する。

10年後には新幹線の客席のテーブルは非接触の電源供給テーブルになっているだろうと。

Comment » | 日々

新たな知的価値が熱い

3月 28th, 2009 — 7:52pm

先進的なデザイナーは,皆さん,口々に言います。
「日本のもの作りはソフト産業へ脱却しなければならない。」
物作りの日本の超大手メーカーの要職の方々もそう言います。
物質価値よりも,それによって使う人がどんな幸せがもたらされるかということを伝える仕掛け作りの方が大事だと言います。
今まで,そう言うことを少しは言ってはいても「やっぱり物の価値の方が大事だよ」と本音では言っていた人が多かったように思います。
しかし,話し方,言い回し,実績,最近は本音でそう言っている事が伝わってきます。
最近,そうしたすばらしい方々の話を全国各地で生で聞く機会に恵まれ,それを感じます。

先日,フランス人のデザイナーであるグエナエル・ニコラさんの講演を聞きました。
クライアントにデザインのプレゼンをする時は,物のプレゼンの時間はすごく短い。それよりも,そのパッケージのプレゼンに大半の時間をかけるとのこと。
パッケージは,ユーザーが物に到達するアプローチであり,そのストーリーがとても大事なのだと言います。
それにきちんとデザインがなされていることで,ユーザーの物に対する感激度は何倍にも高まる,と。

イギリスもデザイン産業全般に大変な力を入れていて,クリエイティブ産業(音楽,アニメなど含む)がGDPの8%を占めるそうです。
すごい数字ですよね。世界初の産業革命の国が,クリエイティブ産業(知的価値産業)の国に切り替わりつつある。
しかも国費でデザイナーを海外派遣している。イギリスの商品を輸出するのではなく,デザイナーを輸出することで,UKデザインが国外に影響力を出していく。
Googleがインターネットの世界でそうしたようなことが,人材派遣という形を変えて起こりつつある,と感じています。
デザインの本質的なところの価値の輸出ですね。

DSC_5647

Googleのサービスが,過去に前例がなかったために比喩のしようがなかったように,UKの戦略もたとえられませんが,デザインの価値輸出→モノ・ヒトのUKの絶対的価値ネットワークの構築ということになると思います。
産業革命の国が,知的価値の輸出で,再び世界の物の価値の基準塗り替えをしていくような気がします。

第二のGoogleを狙えというのは二番煎じで,土俵を作った人がえらいと思っています。
そういう状態になりつつあるのではないかと感じます。

この間マンチェスターから来た方もすばらしい思いでUKデザインを熱くしていました。
何か,世界中がGoogleとは違うステージで知的な熱気に包まれてきている気がします。
さあ,これに乗るのか背を向けるのか。
自分としては,乗りたい。
こういう分野で価値を作ることがライフワークみたいなものなので。

DSC_5656DSC_5639

Comment » | Mac, Webデザイン, デザイン, 知的生活, 日々

紳士

3月 17th, 2009 — 11:40pm

現在の日本のデザイン界におけるキーパーソンが50人くらいいるとするならば,この2ヶ月くらいの間に,そのうち10名ほどとお会いし,挨拶させていただいたように思う。

大変濃い時間を過ごさせていただいたなあと振り返ってみる。

自分がお招きした方もあり,別な人がお招きした方もおり,いずれにしても緊張はする。

そして,それら世界を飛び回る忙しい方たちが,よく仙台に次々と来ていただけたなあと驚く。

さらに驚くことに,そうした忙しい方は,極めて紳士だ。

・年上とか年下とか関係ない。基本は敬語。

・時間には遅れない。あたふたしない。

・人格否定的な悪口は言わない。皮肉をほとんど言わない。

・チャレンジし続けている。

・身なりがきちんとしている。

・メール,郵便,電話のレスポンスが早い。

・肌の色つやがいい。

・英語堪能

・記録する(手段は人それぞれ)

デザイナーやコーディネーターとしてすばらしいのだけれど,それ以前に皆さん人としてきちんとしている。

Comment » | 日々

Chiquitita

2月 6th, 2008 — 2:16am

たまにはジャズ以外の音楽の話。
スウェーデンのABBAのChiquitita(チキチータ)が好きだ。若かりし頃,本当にテープが擦り切れるくらい聴いた。
特に,エンディングのピアノの入り方が好きだ。
いろんなジャンルを分け隔てなく比べても自分の中でTop3に入る曲だ。
昔はとうていかなわなかった海外のミュージッククリップがYouTubeなどでこうして手に入る。そして,またABBAのことを思い出し,CDを買いたくなってきた。
著作権という名の下に消費者行動を制限することで損をするのは誰だろうか。

Chiquitita

ABBA – 1978 Chiquitita

ABBA CHIQUITITA (SWITZERLAND ’79)
http://jp.youtube.com/watch?v=kZ1PIOaZSd4

Chiquitita – Unicef (ABBA)
http://jp.youtube.com/watch?v=p2ypCHRykUU

その他の曲もどこかで聴いたことのある曲だと思う。

Abba – Dancing Queen
http://jp.youtube.com/watch?v=7GFpMb0sOaw

ABBA – 1980 The Winner Takes It All
http://jp.youtube.com/watch?v=xK3mVxGfzPY&NR=1

ABBA

コメントは受け付けていません。 | 日々

Back to top