Category: 日々


東日本大震災から2ヶ月

5月 13th, 2011 — 11:20pm

東日本大震災から2ヶ月たちました。
今更ながら多くの方々の安否確認のご連絡いただいたことに感謝します。
このブログは仙台から発信しています。災害直後からいろいろな現場を見てきました。
現場からわかることもたくさんありました。
今は、仙台も徐々に復興モードになりつつあります。
こんな気まぐれなブログですがまたいろいろと書いていきたいと思います。

Comment » | 日々

真面目に月面でアートなワークショップ

12月 11th, 2010 — 11:51pm

今日は「月面でどんなアートを実現する?」という壮大なテーマのアイデア出しワークショップに参加してきました。

http://www.feslab.net/event/occur2010_2.html

[workshop]When Planets Meet
Googleのプロジェクトで月面探査機を開発しているWhite Label Space Japan, LLCの東北大学研究チームのNathan Britton研究員も加わって、「月で実現したいアート」を参加者とともに考えるワークショップ。
・日時:12月11日(土)13時?16時
・出演:スプツニ子(Sputniko!)、Nathan Britton(White Label Space Japan, LLC、東北大学大学院工学研究科)

http://whitelabelspacejapanoffice.blogspot.com/

Googleのプロジェクトで,民間資金による月面探査の競争が行われている。

whitelabelspacejapan.png
賞金総額 $3000万(約27億円)という巨額のコンペで, 月面でのある条件を達成すればもらえるのだという。

その条件とは,

  • 月面でロボットを500m移動させること
  • その様子をHD映像で地球に送信すること
  • 90%以上を民間資本で行うこと
  • これらを2015年までに実現すること

となっています。

http://www.googlelunarxprize.org/lunar/about-the-prize

About the Google Lunar X PRIZE
The Google Lunar X PRIZE is a $30 million international competition to safely land a robot on the surface of the Moon, travel 500 meters over the lunar surface, and send images and data back to the Earth. Teams must be at least 90% privately funded and must be registered to compete by December 31, 2010. The first team to land on the Moon and complete the mission objectives will be awarded $20 million; the full first prize is available until December 31, 2012. After that date, the first prize will drop to $15 million. The second team to do so will be awarded $5 million. Another $5 million will be awarded in bonus prizes. The final deadline for winning the prize is December 31, 2014.

その日本からのエントリーチームである,White Label Space Japanの方たちとスプツニ子さんによる進行でアイデアワークショップが開催されました。

Nathan Britton研究員らからのプロジェクト説明の後,スプツニ子さんの巧みな盛り上げで参加者の気持ちが和むなか,そこでアートが実現できるならば,どんなことができるかという壮大なテーマでアイデア出し開始。

P1030540.JPG
photo by193

photo by kakky

月面という途方もなく現実離れした,でもそれを実現しようと真面目にチャレンジしている人たちといろんなアイデア出しをできたことは貴重な体験でした。
固定観念を取り払うのがこんなに大変だとは!
SFをリアルに考える時が来ようとは,ここに来るまで全く想定外でした(笑)
砂を巻き上げてああするアイデア,光をああするアイデア,地球とあんなことするアイデア,ある素材を真空下でああするアイデアなどいろいろ出てきました。
いやはやスケールでかい。
とても良い体験でした。

このイベントは,occur2010 のイベントとして開催されました。
この月面のワークショップは今日一日限りですので,もうありませんが,期間中,様々な展示やトークがありますので足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

Comment » | デザイン, レポート, 科学, 日々

Cultivation#03受講

8月 29th, 2010 — 1:10am

logueが主催するワークショップ「cultivation」の第三回目の講座,「技術習得のためのワークショップ Cultivation 03 Processing+Arduino+電球」に参加しました。
logue

2日間構成で,初日の1日目が終わりました。
Arduinoなどの詳しい紹介は詳しいサイトにお任せするとして,仙台で開催されたにもかかわらず,受講者10名の内,半分が県外からの方。覚えてた限り大阪方面から3名,東京からも数名という感じ。
自腹で大阪から交通費と受講費を払って来たとの方も。全国的にほとんど例のないセミナーで,感度の高い人を仙台に招くだけのポテンシャルのあるセミナーです。
「電球を明滅する」というと,単純そうですが,その原理は広く応用が利きそうです。
しかも,ArduinoやDMXという汎用性の高いパーツであり,それに親しむだけでもわくわくします。
構成要素の1つ1つを挙げれば,別な手段で実現可能かもしれません。しかし,トータルで考えた場合の敷居の低さと応用性が高さがありそうと感じました。(電子工作はしないので,書籍などで読む限りですが)

IMGP6581
初め,こんなだった部品が,

 IMGP6584 
講師の久世祥三さんご指導の元,半田ごてと格闘しながら組み上げていきます。

IMGP6586
そろそろできそうです。

IMGP6587
講師と受講者たち。

IMGP6589
皆さんMacです。10名中,7?8名がMacです。
USB経由でプログラムを転送します。

明滅制御の様子を動画で。Macから制御しています。
プログラムを書いてコンパイル・転送するだけで簡単に制御できます。

先生に手直しをしてもらいながらも,無事,明滅までできました。

応用範囲が広がりそうな予感。
明日は,プログラミングの方を重点的にするとのこと。楽しみ。

Comment » | Mac, コンピュータ, システム, デザイン, レポート, 日々

木工職人を訪問

8月 1st, 2010 — 9:56pm

nokka 先日,通り道すがら,友人の木工職人の工房にふらっと立ち寄りました。アポなしで,日没前の貴重な作業時間に訪問してしまって申し訳ないなあと思いながらでしたが,作業中の手を止めて快く話をしてくれました。
真っ黒に日焼けした笑顔が素敵でした。

彼には,我が家のデスクを作ってもらいました。そのシンプルさが大変気に入っています。
お世辞でもなく,家の中で,そのデスクが置かれているところには,自然とそこに人が集まり,場合によっては,取り合いになり,時には勉強したり,何かを作るときの作業台になったり,思考を巡らす場になったりと,我が家の貴重な活動の場所となっています。
いつも,彼の話には,自分や他人を卑下したり,後ろ向きな思考になったり,といった事がありません。常に前向きで積極的で,笑顔が溢れています。
人としての信頼感,目標に向かうひたむきさ,北欧など寒い国々で培われたセンスなど,彼のもの作りにかける情熱と人間味に触れていつも元気をもらっています。
感謝しています。

こうした一生懸命に取り組んでいる人々を応援していきたいなあと思うのでした。

Comment » | デザイン, 日々, 北欧

softbank孫社長の講演に胸が熱くなる

4月 1st, 2010 — 10:27pm

softbankの孫正義社長が,今度入る新入社員に向けて行った講演をustreamで,全編聞いた。

自分の奥にある挑戦心が再び活性化すると同時に,今の自分の軟弱さに反省もしてみたり。
坂本龍馬が活躍した背後には乙女姉さんの「龍馬は好きなことをしな」という応援があったわけで,自分も他人の応援をこういう形でできたらいいと思うのでした。

そして,自分の志をもっと強く強く持とうと思ったのでした。

http://www.ustream.tv/recorded/5828069

http://kokumaijp.blog70.fc2.com/blog-entry-40.html
こちらに文字で書き起こされています。

Comment » | 日々

ダーラナホースのチョコレート

11月 21st, 2009 — 12:51am

ダーラナホースチョコ

スウェーデンの伝統的民芸品ダーラナホースの形のチョコレート。かわいい。
手に乗せただけで溶けるのが難点。でもそれもまた良し。

Comment » | 日々, 北欧

あじさい

11月 21st, 2009 — 12:44am

あじさい

農家のあじさい畑。色づく前に出荷するのだという。壮観。(6月の話)

Comment » | 日々

おくりびと

11月 21st, 2009 — 12:36am

おくりびと

NKエージェント(旧割烹小幡)

山形県酒田市の映画館「港座」で映画「おくりびと」を見た。
「おくりびと」劇中に出てくる映画館であり,まさにその中にいる感覚で見る不思議な体験だった。

もちろん,映画だから,脚色はある。
しかし,人が生き,死ぬ事を真正面から表現した良い映画だった。死ぬために毎日悔いなく生きるのだと思いを新たにした。

よく見ている風景が映画に出てくる感覚というのは何とも不思議なものだ。

近くの日和山公園にも,気品ある建物が残る。

医院跡

灯台

いい町だ。いい感性があり,いい人がいて,いい映画になったのだと思う。

Comment » | 日々

歯学部という不思議な空間

5月 11th, 2009 — 7:49pm

今日は,親知らずの奥歯が虫歯で大変なことになっていたので,意を決して東北大学歯学部で抜歯と縫合をしてもらっていました。真横に生えてしまっていて,近所の歯科では手に負えず,歯学部を紹介してもらいました。
歯を分割して抜く方法で,機械で砕きながら腕力でぐいぐいと抜いてもらいました。
何年生かわからないですが,実習生の不慣れなサポートも,先生の丁寧な指導が入っていました。
歯を抜かれながら先生と実習生の会話が
「君,縫合の○○先生の授業受けてたあの子か」
「はい,その節は・・・」
などと会話していました。
こっちは口をあんぐり開けて多分血もダラダラ状態の中で,患者を差し置いてそんな会話でしたが,大学らしくてほほえましいと思いました。
「ここは歯学部なんだ」と改めてそのとき思ったのでした。
なぜか常に患者の動線上に実習生らしき人がいて,移動する際に,その人たちをよけなければならないのですが,やはりその辺も医者の卵であると同時に,かつ,社会人の卵でもあるのだなあと思ってみたり。

麻酔の抜けきらない歯茎と,じわじわ出てきた痛みと,歯を抜かれたときの精神的な緊張であまり気分が優れないのですが,徐々に回復してきました。
同じような状態の歯がもう一本あるので,気が重いです。

しかしながら,彼ら彼女らも立派な医者になってほしいと願って,もう少し,身を預けてみることとします。

Comment » | 日々, 発見系

tone chime

4月 9th, 2009 — 10:46pm

Tone chimes

(写真はイメージです)
職場の人たちとトーンチャイムに挑戦。
16音で構成される簡単な曲を4人で分担して練習してみた。
はじめはうまくできなかったけど,だんだんできてくる。ぴたっと合うと何とも言えない達成感が。
なかなか個人練習といっても難しい。楽譜を良く読んで覚えておこう。

Comment » | ジャズ, 日々

Back to top