真面目に月面でアートなワークショップ

今日は「月面でどんなアートを実現する?」という壮大なテーマのアイデア出しワークショップに参加してきました。

http://www.feslab.net/event/occur2010_2.html

[workshop]When Planets Meet
Googleのプロジェクトで月面探査機を開発しているWhite Label Space Japan, LLCの東北大学研究チームのNathan Britton研究員も加わって、「月で実現したいアート」を参加者とともに考えるワークショップ。
・日時:12月11日(土)13時?16時
・出演:スプツニ子(Sputniko!)、Nathan Britton(White Label Space Japan, LLC、東北大学大学院工学研究科)

http://whitelabelspacejapanoffice.blogspot.com/

Googleのプロジェクトで,民間資金による月面探査の競争が行われている。

whitelabelspacejapan.png
賞金総額 $3000万(約27億円)という巨額のコンペで, 月面でのある条件を達成すればもらえるのだという。

その条件とは,

  • 月面でロボットを500m移動させること
  • その様子をHD映像で地球に送信すること
  • 90%以上を民間資本で行うこと
  • これらを2015年までに実現すること

となっています。

http://www.googlelunarxprize.org/lunar/about-the-prize

About the Google Lunar X PRIZE
The Google Lunar X PRIZE is a $30 million international competition to safely land a robot on the surface of the Moon, travel 500 meters over the lunar surface, and send images and data back to the Earth. Teams must be at least 90% privately funded and must be registered to compete by December 31, 2010. The first team to land on the Moon and complete the mission objectives will be awarded $20 million; the full first prize is available until December 31, 2012. After that date, the first prize will drop to $15 million. The second team to do so will be awarded $5 million. Another $5 million will be awarded in bonus prizes. The final deadline for winning the prize is December 31, 2014.

その日本からのエントリーチームである,White Label Space Japanの方たちとスプツニ子さんによる進行でアイデアワークショップが開催されました。

Nathan Britton研究員らからのプロジェクト説明の後,スプツニ子さんの巧みな盛り上げで参加者の気持ちが和むなか,そこでアートが実現できるならば,どんなことができるかという壮大なテーマでアイデア出し開始。

P1030540.JPG
photo by193

photo by kakky

月面という途方もなく現実離れした,でもそれを実現しようと真面目にチャレンジしている人たちといろんなアイデア出しをできたことは貴重な体験でした。
固定観念を取り払うのがこんなに大変だとは!
SFをリアルに考える時が来ようとは,ここに来るまで全く想定外でした(笑)
砂を巻き上げてああするアイデア,光をああするアイデア,地球とあんなことするアイデア,ある素材を真空下でああするアイデアなどいろいろ出てきました。
いやはやスケールでかい。
とても良い体験でした。

このイベントは,occur2010 のイベントとして開催されました。
この月面のワークショップは今日一日限りですので,もうありませんが,期間中,様々な展示やトークがありますので足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

Category: デザイン, レポート, 科学, 日々 | Tags: , , Comment »


Leave a Reply



Back to top