Cultivation#03受講

logueが主催するワークショップ「cultivation」の第三回目の講座,「技術習得のためのワークショップ Cultivation 03 Processing+Arduino+電球」に参加しました。
logue

2日間構成で,初日の1日目が終わりました。
Arduinoなどの詳しい紹介は詳しいサイトにお任せするとして,仙台で開催されたにもかかわらず,受講者10名の内,半分が県外からの方。覚えてた限り大阪方面から3名,東京からも数名という感じ。
自腹で大阪から交通費と受講費を払って来たとの方も。全国的にほとんど例のないセミナーで,感度の高い人を仙台に招くだけのポテンシャルのあるセミナーです。
「電球を明滅する」というと,単純そうですが,その原理は広く応用が利きそうです。
しかも,ArduinoやDMXという汎用性の高いパーツであり,それに親しむだけでもわくわくします。
構成要素の1つ1つを挙げれば,別な手段で実現可能かもしれません。しかし,トータルで考えた場合の敷居の低さと応用性が高さがありそうと感じました。(電子工作はしないので,書籍などで読む限りですが)

IMGP6581
初め,こんなだった部品が,

 IMGP6584 
講師の久世祥三さんご指導の元,半田ごてと格闘しながら組み上げていきます。

IMGP6586
そろそろできそうです。

IMGP6587
講師と受講者たち。

IMGP6589
皆さんMacです。10名中,7?8名がMacです。
USB経由でプログラムを転送します。

明滅制御の様子を動画で。Macから制御しています。
プログラムを書いてコンパイル・転送するだけで簡単に制御できます。

先生に手直しをしてもらいながらも,無事,明滅までできました。

応用範囲が広がりそうな予感。
明日は,プログラミングの方を重点的にするとのこと。楽しみ。

Category: Mac, コンピュータ, システム, デザイン, レポート, 日々 Comment »


Leave a Reply



Back to top