歯学部という不思議な空間

今日は,親知らずの奥歯が虫歯で大変なことになっていたので,意を決して東北大学歯学部で抜歯と縫合をしてもらっていました。真横に生えてしまっていて,近所の歯科では手に負えず,歯学部を紹介してもらいました。
歯を分割して抜く方法で,機械で砕きながら腕力でぐいぐいと抜いてもらいました。
何年生かわからないですが,実習生の不慣れなサポートも,先生の丁寧な指導が入っていました。
歯を抜かれながら先生と実習生の会話が
「君,縫合の○○先生の授業受けてたあの子か」
「はい,その節は・・・」
などと会話していました。
こっちは口をあんぐり開けて多分血もダラダラ状態の中で,患者を差し置いてそんな会話でしたが,大学らしくてほほえましいと思いました。
「ここは歯学部なんだ」と改めてそのとき思ったのでした。
なぜか常に患者の動線上に実習生らしき人がいて,移動する際に,その人たちをよけなければならないのですが,やはりその辺も医者の卵であると同時に,かつ,社会人の卵でもあるのだなあと思ってみたり。

麻酔の抜けきらない歯茎と,じわじわ出てきた痛みと,歯を抜かれたときの精神的な緊張であまり気分が優れないのですが,徐々に回復してきました。
同じような状態の歯がもう一本あるので,気が重いです。

しかしながら,彼ら彼女らも立派な医者になってほしいと願って,もう少し,身を預けてみることとします。

Category: 日々, 発見系 Comment »


Leave a Reply



Back to top